産業廃棄物と解体工事は、認定優良産業廃棄物処理業者の不二産業にお任せください。

無料見積り実施中

お気軽にお問合せください

ISO27001/ISMS認証企業

025-271-3838

廃棄物処理のプロが行う解体工事

「おわかれさみしいね。」

「やさしくこわしてあげてください。…」

数年前、ご自宅の建替えに伴う解体工事をさせていただいた建物。壁の至るところに描いてあったお客様ご家族の絵や言葉。私たちの心を揺り動かした出来事として記憶に留めておきたい…そういう気持ちから掲載させていただきました。感謝!!

 

お客様の思い出がたくさん詰まったお住まいを
私たちは細心の気配りで、丁寧に進めていきます。

当社の4つの強み

埋立、再資源化の両立

解体工事よって生じる廃棄物を分別、埋立、再資源化致します。自社で完結しますのでお客さまのコストカットにつながります。これは、廃棄物処理のプロだからこそ出来ることです。

徹底した気配り

解体工事で使用する重機は低騒音・低振動・排ガス規制対応タイプを使用しています。また、埃の飛散を最小限に抑えるために飛散防止シートを設置し、散水しています。

小規模解体も可能

木造、鉄筋コンクリート造の建物の解体はもちろん、庭木や庭石の撤去、雑木林の伐採など幅広く工事をさせていただきます。

解体工事の流れ

 内 装

・照明、洗面台、キッチン、トイレその他住宅設    備材の取り外し
・畳の取り外し
・木製建具の取り外し、壁材の取り壊し
・天井材の取り壊し
※解体工事前までに、電気・電話・ガス・水道の    切り離しが必要となります。

 外 装

・外壁材の取り外し
・サッシの取り外し
・雨どいの取り外し

 外 装 2

外壁材として普及している窯業系サイディングについて、一部アスベストを含有しているものがあります。

解体工事にあたり、①事前調査すること、②アスベスト含有の有無を掲示すること、③飛散防止策、④許可ある施設での適正処分、など、解体工事及び廃棄物処理に関わる法の定めがありますのでご注意願います。

 瓦降ろし

焼瓦、セメント瓦、スレート瓦の取り外し。

※スレート瓦について、外壁材の窯業系サイディング同様に、一部アスベストが含有しているものがあります。取扱いについても同様の定めがありますのでご注意願います。

 構造体1

柱などの構造体だけになりました。この状態になってから重機を投入します。

 

 構造体2

重機の投入により作業は急ピッチに進む一方、当然ながら埃も多くなり、大型車両の出入りも頻繁になります。

ご近隣様の住環境への影響を最小限に抑えるため、散水を欠かさず、必要に応じて交通誘導員を配置します。

 基 礎

家の土台、基礎を取り除きます。

※解体工事の中で一番に騒音・振動が発生する工程です。ガレキを車両に積込む際の落下音、大型の基礎コンクリートを引上げようとする際に発生する反発振動、ガレキ篩分け時の振動など、近隣の皆様が不快に感じます。当社は、低騒音・低振動タイプの重機を使用することは当たり前として、低速運転、粗破砕等の前処理を実施することにより、騒音・振動の少ない現場づくりに努めています。

 整 地 1

重機では拾いきれない細かな廃棄物が残ります。当社では、人員を投下して細かな廃棄物を拾い上げていきます。

 整 地 2

最後は、地面を平らにして完了。お客様からキレイになった現場を確認していただきます。

廃材の再利用

私たちが解体工事を行うメリット

解体から生じる廃棄物は、固形燃料(RPF)や炭化製品等に再利用します。また、再利用できない廃棄物については自社で保有している埋立処分場にて処理します。

これらは自社で一括することで処理にかかわるコストを抑えることにつながります。これは、私たちは廃棄物処理のプロだからこそ出来ることです。

最新の気配りとは…。

  1. お客様の立場で物事を考え、実践する。
  2. 当たり前のことを当たり前に行う。
  3. 技術と経験をもって危険回避に努め、安全かつキレイな仕事で完工させる。

五つの実践

  1. 細かな打合せと指示伝達の徹底
  2. 近隣の皆様に配慮
  3. 家に対するご家族様の思いを大切にする
  4. コンプライアンスの徹底
  5. 納得のできる金額を提示する
一、細かな打合せと指示伝達の徹底

ご依頼していただいたお客様の思いをくみ取り、工事範囲をしっかり確認します。
大切にしていたものを誤って壊してしまったら二度と元には戻りません。
私たちは、解体工事をする範囲と現状のまま維持する範囲の区別をお客様との複数回の打ち合わせにより明確化させます。さらに細部にわたる工事内容を関係部員全員に伝達するよう指示徹底しています。

 ■ お客様との打ち合わせフロー(お客様と工事内容の確認を行っています)

見積り依頼時の現地調査

速やかに現地にうかがい、工事範囲をしっかり確認します

見積書提示の際の再確認

見積り内容がわかりやすいよう、ご依頼項目ごとに金額を算出しています

工事初日の最終確認

境界や工事範囲を作業員全員であらためて確認します

一、近隣の皆様に配慮

ご近所様にとっては、うるさい、トラック等の出入りが増え危ない、振動があるのではないか? ほこりが飛ぶのではないか? 等々、心配な面があります。そこで私たちは、少しでもご心配事を減らす為に以下の対応を取っています。

 ■「解体工事のご案内」事前配布、

  「工事完了挨拶」の実施

事前に「ご案内書」を配布し、工事期間・工事の概略・ご近所様に対する我々の安全対策を説明し、かつご近所様のご心配事を聞き取り、その対応を図ります。

例)✔ 土曜日作業の可否確認。

      ✔ 通園・通学する時間帯は、運搬経路を変更させる。

    ✔ 保育園のお昼寝の時間帯は作業しない。

 

■「飛散防止シートの設置・散水」により埃を飛ばさない 

工事により必ず埃が発生します。その埃を最小限に止め、ご近隣に飛散させない様、飛散防止シートを設置し、かつ埃の発生箇所に向かって散水します。また解体工事をする建物の構造(木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造ほか)によって、メッシュシート・防音シート等を使い分けします。

飛散防止シートの設置

飛散防止シート

散水

 ■ 騒音、振動対策
重機で解体工事を行う場合は、低騒音・低振動・排ガス規制対応タイプの重機を使用します。解体工事は、うるさいもの・振動がでるものという業界の常識は当社では通用しません。

低騒音型

低振動型

排出ガス対策型

■ 通行者の安全を守ります。

工事の出入り口には、バリケード・カラーコーン等により第三者の立ち入りを防ぐとともに解体工事現場であることの周知を図ります。また、誘導員を配置し、歩行者と通行車両の安全を守ります。

出入り口 バリケード

ガードマンの配置

 ■ 電線防護

万が一の電線破損に備え、電気・電話・光ケーブル等に対し防護カバーを設置します。重機の接触等により電線を切断させた場合は、広範囲にわたって多大な迷惑をかけてしまいます。

電線カバー

電線カバー

 ■「道路・排水溝の清掃」

当たり前ですが、汚したものは、きれいな状態に戻します。
車両・重機による土砂の引きずり、タイヤ跡、排水溝に落ちた廃棄物などは、常に取り除き、ご迷惑をお掛けしません。

道路清掃

排水溝清掃

仮設トイレ清掃

一、家に対するご家族様の想いを大切にする

業務として毎日行っている解体工事の現場すべては、お客様家族を今まで守ってくれたお住まいです。亡くなったおじちゃんが建ててくれた家、柱に刻まれた身長の記録、落書きの跡、一家団欒の茶の間、名残惜しい気持ちと今までの感謝の気持ちがきっとあるはずです。私たちは、お客様の想いを壊さぬよう工事を進めていきます。

■ 社員教育

すべての現場に、お客様の想いがあることを理解浸透させています。その想いを踏みにじる雑な工事、挨拶ほか意思疎通を図らない態度、汚い現場を徹底して排除します。工事現場に入場するすべての社員に対し、現場及び社内で教育していきます。

現場ミーティング

社内ミーティング

 ■ 価値ある廃材を無駄にしない
建物をキレイに分解(分別しながら解体工事を進めることの略)することにより、廃材の資源有効性を最大限に発揮させます。廃材を焼却する・埋めるではなく、再利用することで、少しでもお客様の想いに報いたいと考えています。廃棄物処理のプロが解体工事を行う一番の強み!!

一、コンプライアンスの徹底

関係法規・条例等により各種の申請(届出)を事前にしなければなりません。また、工事の内容によって、資格の取得や特別教育の受講が工種別に必要となります。私たちは、安全に対する正しい理解と実施の為、未資格者・未受講者の作業を禁止しています。

 解体工事に関わる事前申請の一例 

 ✔ 解体工事の届出 工事7日前まで
 ✔ 騒音・振動の届出:通常、工事7日前まで
 ✔ 道路使用許可:工事7日前まで

 解体工事を行う為の許可 

 ✔ 建築一式工事業
 ✔ とび・土木工事業
 ✔ 解体工事業

 解体工事に必要となる諸資格 

 ✔ 土木施工管理技士
 ✔ 解体工事施工技士
 ✔ 車両系建設機械の運転(整地・運搬・解体)
 ✔ 玉掛け
 ✔ 石綿作業主任者
 ✔ 足場の組立て等作業主任者
 ✔ コンクリート造の工作物の解体等作業主任者
 ✔ 建築物等の鉄骨組立て等作業主任者
 ✔ 職長・安全衛生責任者

一、納得できる金額を提示する

理解いただける根拠を示します。

現地調査から見積書の提示、及びその金額に対する根拠説明等、ご理解とご納得を頂けるよう最善を努めます。解体工事・廃棄物処理とは、目の前にあるものをただ無くせば良いというものではありません。

金額の安さだけを強調した一部の業者に潜む不安要素を無視しないで下さい。

( イメージ写真 )

解体後の廃材類は放置されていないか、適切に処理されているか。業者選定のうえでの大きなポイントです

 不安要素の例 

・朝早くから夕方過ぎまで工事が続く
・埃をまき散らす
・道路を汚したまま撤収する
・振動や騒音など気にせず、とにかく早く工事を    進める
・工事内容に含まれていないものまで解体される
・工事が終了した敷地に細かなゴミがいっぱい落    ちている。もしくは、地中からゴミが出てくる(取りきれない細かなゴミを地中に埋めた結果)
・解体後の廃材が、解体業者の資材置場等に山積みされ、長期間放置される
・近隣住民との関係が悪化する
・解体工事後の工事も心配になってくる

滅失登記もお手伝いします!

建物解体後、1か月以内に「建物の滅失の登記」を行わなければならないと法律で定められています。当社は、解体工事に続き、事務代行も行いますので、お気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック

工事内容のご案内

大きな解体から小さな解体まで・・・

以下の工事を喜んでさせていただきます。

  • 木造家屋のリフォーム工事に伴う部分解体 (トイレ・浴室・和室・間仕切り壁・外壁ほか)
  • 木造,鉄骨,鉄筋コンクリート造の建物の全解体
  • 土間コンクリート・アスファルト造の建物の 全解体
  • ブロック塀、生垣の撤去処分
  • 庭木、庭石の撤去処分
  • マンション、テナントビルの内装解体
  • 看板ほか構造物の解体
  • 雑木林の伐採,抜根,聖地,及び廃木材の運搬処分
  • 地中埋没物の撤去処分

取得資格一覧

・土木施工管理技士
・解体工事施工技士
・車両系建設機械の運転(整地・運搬・解体)
・玉掛け
・石綿作業主任者
・足場の組立て等作業主任者
・コンクリート造の工作物の解体等作業主任者
・建築物等の鉄骨組立て等作業主任者
・職長・安全衛生責任者

詳しくはこちらをクリック

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

025-271-3838

受付時間:8:00~16:00(日祝を除く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   プライバシーポリシーについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取り扱いメニュー

お問合せはこちら

お問い合わせはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

025-271-3838

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールはこちら

アクセス

本 社

〒950-0801
新潟市東区津島屋三丁目208番地

地図はこちら

一日市ヤード

〒950-0802
新潟市東区津島屋2丁目203、204番地

地図はこちら

食品リサイクル工場

〒950-2172
新潟市西区内野上新町13064

地図はこちら

フジ・エンバイロ再資源化工場

〒950-3101
新潟市北区太郎代字上往来653-1

地図はこちら

新潟東港工場

〒950-3101
新潟市北区太郎代字上往来653-51

地図はこちら